多めに付きやすい特性

胃食道逆流症(GERD)の一種である逆流性食道炎は、5日前後処方薬を飲めば、押しなべて8割~9割の人の自覚症状は消え去りますが、イコール食道粘膜の炎症自体が治癒したとは言い切れないので気を付けましょう。

ハーバード医科大学(HMS)の研究結果によれば、通常のコーヒーと比較して1日2カップよりも多くカフェインレスコーヒーに変えれば、直腸癌の危険性を半分以上も減らせたのだ。

現在のオペ室には、レストルームや専用の器械室(apparatus room )、準備室(preparation room)を設け、オペ中に患者を撮影できるX線装置を準備しておくか、そうでなければ近距離にX線のための専門室を併設しておくのが通例である。

体脂肪の量(somatic fat volume)はさして変化がみられず、体重が食物摂取や排尿等で一時的に増減するような時には、体重が増えた人の体脂肪率(percent of body fat)は下がり、体重が減少した方は体脂肪率が上昇することがわかっています。

季節病ともいわれる花粉症とは、山林の杉やヒノキ、マツ、ブタクサなどの木や草の花粉がアレルゲンとなり、クシャミ・目や皮膚の痒み・喉の痛み・鼻詰まり・鼻水などの辛くてゆううつなアレルギー症状を示す病気として広く認識されています。

内臓脂肪過多による肥満と診断された上で、脂質(ししつ、lipid)、塩分の摂取などによる「高血圧」、糖分の摂りすぎなどによる「高血糖」の中で2~3個に当てはまるような様子を、メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)と呼ぶのです。

耳の内部の構造は、外側から順番に「外耳」「中耳(ちゅうじ)」「内耳(ないじ)」に分類することができますが、中耳のところに様々なバイ菌やウィルスなどが付いて炎症が発症したり、体液が溜まる症状が中耳炎というわけです。

汗疱状湿疹は主に手のひらや足の裏、または指と指の隙間などにプツプツとした小さな水疱が現れる症状で、広くはあせもと言い、足裏にできると足水虫と混同されることもあります。

「体脂肪率(percent of body fat )」というものは、人体の中の脂肪の溜まっている比率のことであって、「体脂肪率(たいしぼうりつ)=体脂肪量(キロ)÷体重(weight、キロ)×100」という式によって算出されます。

20~30才代で更年期がやってきたとすれば、医学用語ではPOF(Premature Ovarian Failure)という女性疾患に当てはまります(日本においては40才未満の女性が閉経してしまう症状を「早発閉経(そうはつへいけい)」と称しています)。

体を維持するのに必要なエネルギーの源としてすぐに働く糖質、人の細胞の新陳代謝に欠かせない蛋白質など、激しいダイエットではこれらのように体調をキープするために欠かすことができない栄養成分までも減少させてしまう。

くも膜下出血(SAH)はその80%以上が「脳動脈瘤」と呼ばれる血管にできた不要な瘤(こぶ)が裂けてしまうことが原因となって起こってしまう命にかかわる病気として認識されるようになりました。

ロックミュージシャンのコンサートの開催されるスペースやダンス広場などに設置されているものすごく大きなスピーカーの隣で大きな音を浴び続けて耳が遠くなってしまうことを「急性音響性難聴」と言います。

ともすると「ストレス」は、「無くさなければいけない」「除外しなければいけない」と考えがちですが、実のところ、我々人間は様々なストレスを体験するからこそ、生き延びていくことに耐えられるのです。

内臓脂肪症候群であるとは診断されなかったとしても、内臓に脂肪が付きやすい型のよくない肥満が存在することによって、深刻な生活習慣病を引き起こす可能性が高まります。

黴菌やウィルスなど病気を誘引する病原体(微生物)が呼吸とともに肺の中へ入り込み罹患してしまい、左右どちらかの肺が炎症反応を露呈している事を「肺炎」というのです。

現代のオペ室には、洗面所や器械室、手術準備室(operating preparation room)を併設し、手術中に撮影するためのX線装置を用意するか、側にX線のための専門室を備えるのが常識である。

鍼を皮膚に刺してもらう、という物的な程よい刺激が、神経細胞を活性させて、神経インパルスと言われるいわば電気信号の化学伝達を招くという見方が浸透しています。

肝臓を元気な状態に保持するためには、肝臓の毒素を分解する作用が落ちないようにすること、分かりやすく言えば、肝臓のアンチエイジング対処法を迅速に開始することが効果的だと考えられます。

「肝機能の衰退」は、血液検査項目のAST(GOT)やALT(GPT)、そしてγ-GTPなど3種類の数値で確認することができますが、最近では肝機能が悪くなっている人数が徐々に増えているとされています。

我が国における結核対策は、長年、昭和26年に制定された「結核予防法」に準ずる形で実施されてきましたが、半世紀が経過した2007年からは異なる感染症と同じように「感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律」に基づいて行われることに決まったのです。

1回歯の周りの骨を減らしてしまうほど進んでしまった歯周病は、もし進行具合そのものが沈静化したとしても、なくなった骨が元の量に構築されることは無いと考えておいた方が良いでしょう。

欧米諸国おいては、新しい薬の特許が切れた4週間後には、市場の80%がジェネリック医薬品(後発医薬品)に切り替わるという薬品もあるほど、ジェネリック(後発医薬品)は先進国で浸透しているのです。

アミノ酸のグルタチオン(Glutathione)は、細胞の機能を低下させたり突然変異をもたらす悪質な物質を身体の中で無毒化し、肝臓の機能性を促進するような力が認められているのです。

高熱が出る季節性インフルエンザを予防するワクチンでは、これまでの膨大な研究の成果によって、注射の予防効果を見込めるのは、注射した日の約2週間後から150日間程ということが判明しています。

普通ならば骨折しない程度の弱い圧力でも、骨のある定まったポイントに幾度も繰り返して継続的にかかることによって、骨折が生じてしまう事もあり得るようです。

自動体外式除細動器(AED)というのは医療資格を保有しない人にも利用できる医療機器で、機器本体からの音声ガイダンスの手順に応じてケアすることで、心臓の心室細動に対する治療の効果を与えます。

ともすると「ストレス」は、「無くすべき」「除去すべきもの」と考えがちですが、実の所、私たち人間は様々なストレスを感知しているからこそ、生活していくことに耐えられるようになっています。

素人が外から観察しただけでは折ったかどうか自信がない時は、怪我をした部分にある骨を優しく圧してみてください。その箇所に強烈な痛みがあれば恐らく骨折だと思われます。

メタボリックシンドロームであるとは言われなかったとしても、内臓脂肪が多めに付きやすい特性のよくない体重過多を持ってしまうことに縁って、命にかかわるような生活習慣病を誘引しやすくなります。

もっと詳しく調べたい方はこちら⇒ダイフルカンって何分前かやっていませんか