後追い調査のデータによると

メタボとは言われていなかったとしても、内臓に脂肪が多く蓄積しやすい類の悪い肥満症になってしまう事に縁って、深刻な生活習慣病を招きやすくなります。

20才代、30才代で更年期になったとしたら、医学的な言葉で表現すると「早発閉経(early menopause)」という女性疾患のことを指します(日本では40才以下の女の人が閉経してしまう状態のことをPOF(Premature Ovarian Failure)と呼んでいます)。

バイ菌やウィルスなどの病気を誘引する微生物、即ち病原体が口から肺の中へ入って発病し、肺の内部が炎症反応を呈示した容態を「肺炎」と総称しているのです。

うす暗い場所では光量不足によって見えづらくなりますが、より瞳孔が開くため、目のレンズのピントを合わせるのに余分なエネルギーがかかってしまい、光の入る場所でものを見るより疲れるのが早くなります。

胸痛を主訴とする狭心症(angina pectoris)の外科手術としては大体「大動脈内バルーンパンピング法」もしくは「大動脈冠動脈バイパス術」という2種類の技術が精力的に扱われています。

細菌の感染によって起こる急性中耳炎は、最も症例の多い中耳炎で比較的幼い子供に多く起こる病気です。猛烈な耳痛や38度以上の高熱、酷い鼓膜の腫れ、耳漏(耳だれ)などのいろいろな症状が出現します。

チェルノブイリ原発の爆発事故のその後の追跡調査の結果において、体の大きな成人に比べて体の小さい未成年のほうが飛散した放射能の深刻なダメージを受けやすくなっていることが判明しています。

ミュージックライブの開催される施設やディスコなどに設けられた特別仕様の大型スピーカーの正面で爆音を浴びて耳が聞こえにくくなる症状を「急性音響性難聴」と言うことをご存知でしょうか?

真正細菌の一種である結核菌は、菌を持っている人が咳き込むことによって室内や外気に放出され、空中でフワフワ浮遊しているのを別の人が呼吸しながら吸い込むことで感染していきます。

高血圧の状態がある程度続くと、全身の血管に大きなダメージがかかり、全身至る所の様々な場所の血管に障害が発生して、合併症を誘引する公算が高まるのです。

ただの捻挫だろうと自己判断して、湿布をして包帯やテーピングで適当に固定し、様子をうかがうよりも、応急処置を施してから素早く整形外科へ向かうことが、結局は早く完治させる近道だといえます。

日々の規則正しい生活の保持、腹八分目の実践、程よい運動やスポーツ等、一見アナログともいえる自分の健康への考え方が老化防止にも役立つといえます。

「沈黙の臓器」とも呼ばれる肝臓に中性脂肪(中性脂質)やコレステロールが多く付着した脂肪肝(しぼうかん、steatosis hepatis)は、脳梗塞のみならずありとあらゆる病気をもたらすかもしれません。

塩分や脂肪分の大量摂取を控えた上で軽い運動に励み、ストレスの多すぎない暮らしを心がけることが狭心症を起こす動脈硬化を事前に防ぐコツなのです。

内臓に脂肪が多く付いた肥満が確認され、脂質過多、塩分の摂取などによる「高血圧」、高血糖(こうけっとう)の中で2つ以上に当てはまるようなケースを、メタボと称しています。

季節性インフルエンザを予防するワクチンでは、臨床データに基づいた研究結果によって、注射の予防効果を期待できるのは、注射した日の約2週後から150日間くらいということが判明しています。

アメリカやヨーロッパにおいては、新しく開発された薬の特許が切れてから約1ヶ月後、製薬市場の約80%がジェネリック(ジェネリック医薬品)に替わるような薬品もある位、ジェネリック(ジェネリック医薬品)は各国で親しまれているという現実があります。

必要な栄養素を万遍なく含んだ食生活や適切な運動は当然のこととして、心身両面の健康やビューティーを目的として、補助として複数のサプリメントを飲用する事が珍しくなくなっています。

強い痛みを伴うヘルニアとは正しくは椎間板ヘルニア(ついかんばんヘルニア)といい、背骨の間でクッションみたいな働きをしている椎間板(ついかんばん)という名前のやわらかい円形の組織が飛び出てしまった症状のことを称しています。

一旦永久歯の表面を保護しているエナメル質を溶かしてしまうほど悪くなってしまった歯周病は、万が一病状そのものが和らいだとしても、なくなった骨が元の量に復元されるようなことはないのです。

めまいが出ず、不愉快な耳鳴りと難聴の症状だけを何度も発症するパターンを区別して「蝸牛(かぎゅう=カタツムリ)型メニエール氏病」という名前で診断する場合もままあります。

胃食道逆流症(GERD)の一種である逆流性食道炎は、食事内容が欧米化したことや煙草を飲む事・アルコールの習慣・肥満症等の生活習慣の質が低下したこと、ストレスなどにより、現在日本人に多いという病気だといえます。

腹部の右上にある肝臓に中性脂肪(中性脂質)やコレステロールが溜まった状態の脂肪肝(fatty liver)という病気は、肝硬変に始まる多様な健康障害の合併症を招く恐れがあることをご存知でしょうか。

「時間に追われているように忙しい」「わずらわしいいろんなお付き合いが嫌でたまらない」「テクノロジーやインフォメーションの著しい高度化に追いつくことで精一杯」など、ストレスが蓄積される主因は一人一人異なります。

亜鉛は、DNA(Deoxyribo Nucleic Acid)やタンパク質を合成させるために欠かせない特殊な酵素や、細胞・組織の再生に深く関わっている酵素など、約200種類以上ある酵素を構成する物質として絶対に欠かせないミネラルの一種だといわれています。

収縮期血圧140以上、拡張期血圧90以上の高血圧が継続すると、血管に強い負担がかかった結果、頭から足まで様々な場所の血管にトラブルが起こって、合併症を誘引する度合いが拡大します。

チェルノブイリ原発の事故に関する後追い調査のデータによると、成人に比べると若い子どものほうが漏れてしまった放射能の害を一段と受けやすいことが読み取れます。

耳鼻咽喉科の領域の花粉症とは、森の杉や檜、ブタクサなどの大量の花粉が原因となり、くしゃみ・目のかゆみ・頭重感・喉の痛み・鼻水などの辛くて不快なアレルギー症状を招く病気なのです。

クモ膜下出血(SAH)とは90%近くが「脳動脈りゅう」と呼ばれる脳内の血管にできた不要なコブが裂けてしまう事が原因となって起こる死亡率の高い病気として認識されるようになりました。

HIVを保有した血液や精液のほか、女性の腟分泌液、母乳といった類の体液が、乳飲み子等の傷口や粘膜部分等に触れることにより、HIVに感染する危険性が高くなるのです。

おすすめサイト>>>>>ベジセーフの危険性があるでしょ