幾度も繰り返しひっきりなしにかかってしまう

クモ膜下出血(SAH)は9割弱が「脳動脈瘤」と呼ばれる血管が変形してできる瘤(コブ)が裂けて脳内出血する事でなってしまう病だと多くの人が知っています。

トコトリエノールの働きとしては抗酸化効果が格段に認識されていると思いますが、この他にも肌をきれいに保つ作用や、血清コレステロールの産生を抑えるというようなことが言われています。

筋緊張性頭痛とは肩こりや首凝り、張りが誘因の最も一般的な慢性頭痛で、「締め付けられる強烈な痛さ」「頭が重苦しいような耐え難い痛みと表現されることが多いようです。

外から眺めただけでは折ったのかどうか分からない場合は、怪我をした部分にある骨をゆっくりプッシュしてみて、もしその部分に強烈な痛みを感じたら骨折しているかもしれません。

吐血と喀血、どちらも口から血を吐くことに違いはありませんが、喀血は喉から肺を通っている気道(きどう)から血が出る症状で、吐血は無腸間膜小腸よりも上にある消化管から血が出る症状を指します。

アルコールを分解する肝臓に中性脂肪(中性脂質)やコレステロールが溜まった状態の脂肪肝(しぼうかん、fatty liver)という病気は、狭心症を始めとするいろいろな健康障害の元凶となる恐れがあることをご存知でしょうか。

ジェネリックという医薬品というのは新薬の特許が無くなってしまった後に購入できて、新薬とまったく同一の成分で経済的な負荷を少なく抑えられる(薬の代金の高くない)後発医薬品です。

今時の手術室には、W.C.や器械室(apparatus room )、手術準備室(operating preparation room)を備えさせ、オペ中に撮影できるX線装置を準備しておくか、そうでなければ近くにX線用の専門室を併設するのが常識である。

昨今、若い世代で咳が続く結核(けっかく)に抗えるだけの免疫、すなわち抵抗力を持たない人々が増加傾向にあることや、早合点のために受診が遅れることなどが原因の集団・院内感染(アウトブレイク)の発生頻度が高くなっているようです。

耳鳴りは分類することができて、本人だけに聞こえることを特徴とする「自覚的耳鳴り」と、血液の流れなどのように本人に加えて他の人にも高性能のマイクロホンを使ってみると聞けるという「他覚的耳鳴り」とがあり、処置の仕方が変わります。

UVB波は、UVA波より波長が短いという特性があるのでオゾン層を通過する際にその一部分が吸収されるものの、地表に達したUV-Bは皮膚の表皮の内部で細胞のDNA(Deoxyribo Nucleic Acid、デオキシリボ核酸)を破損させるなど、肌に良くない影響を与えることになります。

ストレスがかかり、溜まっていく構図や、手軽なストレス対策など、ストレスについて基本的な知識を持っている方は、それほど多くはありません。

通行中の衝突事故や屋根からの滑落など、著しく強い圧力が身体にかかった場合は、複数の部位に骨折がもたらされてしまったり、複雑骨折となったり、重症の場合は臓器が負傷することもままあります。

ちょっとした捻挫と自己判断し、冷湿布を貼って包帯やテーピングで適当に固定し、様子を見るのではなく、応急処置をしてからすぐに整形外科の医師に診てもらうことが、快癒への近道となるのです。

肝臓をきれいにキープするためには、肝臓の毒素を無毒化する力が落ちないようにすること、言いかえれば、肝臓を老けさせない対処法を迅速に実行することが効果的だと言われています。

お酒に含まれるアルコールを分解する力があるナイアシンは、嫌な二日酔いに極めて有効です。不快な宿酔の因子といわれるエタナールという化学物質の分解に力を発揮しています。

何かを食べる時は、食べたい物を気軽に口へ入れたら20回前後咀嚼して飲み下すだけだが、それから体は実によく活動し続けて食物を身体に取り入れるように励んでいるのだ。

抗酸菌のひとつである結核菌は、感染した人がゴホゴホと「咳」をすることで内気の中に飛び散り、空気中でふわふわ漂っているのを違う誰かが呼吸の際に吸い込むことによって次々に感染します。

冠動脈の異常である狭心症(angina pectoris)の外科処置では現在「大動脈バルーンパンピング法(IABP法)」と「冠動脈(かんどうみゃく)バイパス移植手術(CABG)」の2つの手段が精力的に用いられています。

30才代で更年期が訪れたとすれば、医学用語で表現すると「早発閉経(POF)」という疾患を指します(我が国では40歳以下の女の人が閉経することを「早発閉経(Premature Ovarian Failure)」と称します)。

薬やアルコール、増粘剤を始めとした食品への添加物等を酵素で分解して無毒化する機能の事を解毒と呼び、肝臓のとても重要な務めのひとつであることは間違いありません。

エイズとはヒト免疫不全ウイルスの感染が原因のウイルス感染症であって、免疫不全へと至り些細な真菌などによる日和見感染や悪性腫瘍等を併発する症候群そのものの事を称しています。

子供の耳管の構造は、大人のそれに比べると幅が広く長さがなく、又ほぼ水平になっているため、雑菌が入り込みやすくなっています。幼い子どもが急性中耳炎にかかりやすいのは、これが関係しています。

バランスの取れた食生活や運動は当然のことながら、全身の健康や美容を目的として、目当ての栄養を補うために色々な成分のサプリメントを摂る事が普通になってきていると言われています。

内臓脂肪症候群(メタボ)であるとは言われていなかったとしても、内臓脂肪が多めに付着する手合いの悪質な体重過多になってしまう事に縁り、いろんな生活習慣病を引き起こす可能性が高まります。

もしも婦人科の検査で事実上卵胞ホルモンと黄体ホルモンの分泌量が足りず早発閉経(早期閉経)と分かったら、不足している女性ホルモンを補ってあげる医術などで緩和できます。

頸椎などが痛むヘルニアとは正しくは「椎間板ヘルニア」と呼ばれており、背骨の間に存在してクッションのような役割をする椎間板(ツイカンバン)という名前の柔らかくて円い形をした組織が飛び出した症例のことを称しているのです。

WHO(World Health Organization、世界保健機関)は、有害なUV-A波の異常な浴び過ぎはお肌に健康障害を誘引するとして、18歳以下の人が日サロ(日焼けサロン)を使用する活動の禁止を主に先進国に求めています。

自転車事故や山での転落事故など、著しく強い負荷が体にかかった場合は、複数のポイントに骨折が発生してしまったり、複雑骨折となったり、更には臓器が損壊してしまうこともよくあります。

大抵は骨折を起こさない位のごく小さな圧力でも、骨の一つの部分に幾度も繰り返しひっきりなしにかかってしまうことにより、骨折に至ってしまうこともあります。

引用:バスピン 効果が出るまで